直通Tel:090-1831-6201受付:10:00~20:00 休業日:火・水曜日

短期療法 ~ ブリーフセラピー ~ とは

 

短期療法(ブリーフセラピー;Brief Therapy)とは、ミルトン・エリクソン(アメリカ臨床催眠学会の創始者)の影響を受けた理論・技法を有し、比較的短期間で問題の解よつパンダ決をみる心理療法の一派を総称して短期療法といいます。MRIアプローチ、ソリューション・フォーカスト・アプローチなどが代表的です。

 

 

 

ミルトン・エリクソンの心理療法は、非常に斬新で「利用できる物はなんでも利用」する臨機応変・変化自在なものだったため、「魔術師」と称されるほどでした。魔術パンダ
クライアントごとに異なるアプローチをすべきという信念から、フォーマット化された技法を良しとせず、セラピストの柔軟性を重視した心理療法が特徴です。

 

 

 

悩みや問題に対し、原因を追究するのではなく、問題を解決するための資源(リソース)を発見し、解決方法を話し合い(ソリューショントーク)、特定のコミュニケーションパターンに焦点を当て、それを変容させること(リフレーミング)を治療目的としています。

 

 

← 初めての方へ   当ケアルームのポイント →

心理カウンセリング
相談.COM

その他記載事項

特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー

↑ PAGE TOP