直通Tel:090-1831-6201受付:10:00~20:00 休業日:火・水曜日

社内カウンセリング

こんなお悩みはありませんか?

  職場でのメンタル対策はどのようにすれば良いか?
  社員間、上司と部下の間の問題の解決の仕方は?
  社内に広まっている悪いうわさへの対応は?
  無断欠勤、出社拒否する社員への対応は?
  会社への不平不満の対処の仕方は?

昨今、職場のメンタル対策は企業の重要課題の一つとなっています。
人事管理部の方はもちろん、職場の管理職の方にも、この課題は労働安全衛生法の整備により、重要な問題となっています。


労働安全衛生法とは、職場における労働者の安全と健康を守り、労働災害を防止することを目的とする法律です。
13章および附則からなり、総則、労働災害防止計画、安全衛生管理体制、労働者の危険又は健康障害を防止するための措置、機械等並びに危険物及び有害物に関する規制、労働者の就業に当っての措置、健康の保持増進のための措置、快適な職場環境の形成のための措置、安全衛生改善計画等について定めている法律です。


メンタルケアを実践する基本的な意義は、全ての働く人が健やかに、いきいきと働くことができるように、必要なケアを実践してこころの健康確保を図り、働く人とその家族の幸せを確保することにあります。
メンタルケアを怠ってしまうと下記のようなことになりかねません。

・仕事への根気が続かなくなる
・集中力や注意力の低下による事故・トラブルが起きる
・重要な決定事項が判断できなくなる
・普段なら半日でできていた仕事が1日かかるようになる
・遅刻が増える
・一旦休業になった場合は長期間になる

このように、本来その人が持っていた業務遂行能力を十分発揮できなくなります。
また、最悪の場合は離職や自殺につながるだけでなく、自動車や大きな機械を扱っているならば、本人だけでなく、顧客や同僚など周囲の安全と健康も脅かしかねません。

当メンタルケアルームでは、社員と会社、部下と上司、社員同士などの間に立ち、様々な起こっている、もしくは起こり得る問題に対応し、健全な職場を作り、従事している仕事が円滑になり、会社、従業員の利益につながることを目的としています。


ご予約 (初回無料) →

心理カウンセリング
相談.COM

その他記載事項

特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー

↑ PAGE TOP